日々の泡をぷくぷくぷく・・・


by harumerci

栗狩り@小布施

先週末、necoyanagiメンバーで長野県小布施町に栗狩りに行ってきました!

発端は、栗に目のないワタクシが小布施に行きたくて行きたくて…ガラ氏に話したところ、ノッてくれたのでメンバーに声をかけ実現しました。残念ながらmogたんは引っ越し準備で多忙のため欠席ですが、残りのメンバーで張り切っていってきましたー。

朝早くに集合し、車を走らせること2時間半。私が遅刻したり(涙)、ナビに情報入れ間違えたりと多少の困難を乗り越え、到着したのは「小林農園」。おぉっ、10時だというのに駐車場は車でいっぱいです。こちらでは予約すると栗狩りができます。入園料1,000円で、指定のカップに入る分だけ拾った栗を持って帰れます。こりゃ絶対モトとったる!と意気込んで栗林へ向かいます。

d0194759_2039058.jpg

うわぁー、もうシーズンも終わりのころなので、たくさんのイガが落ちています。
地面に落ちているのが完熟している証拠なので、地面に落ちた栗を拾います。
d0194759_2041077.jpg

もくもくと栗を拾うメンバーたち。
d0194759_20421717.jpg

イガに入った栗って、なんでこんなに絵になるんだろ。かわいすぎるぅ…。

小1時間もくもくと、時にあーだこーだ言いながら拾った成果です。
d0194759_20453717.jpg

私は粒の大きい栗を狙って拾いました。結果すごく不安定になり、この後カップから栗が落ちる→拾う→落ちる→拾う…のエンドレス栗拾い(命名:ガラ氏)を繰り返すことになりました。諦めればいいのに、こういうとこで意地汚さが出てしまいますねぇ。

農園の入口に戻ると、おじさんが「はーい、栗蒸しあがりましたよぉー。食べてってねー。」
さっそくいただきました。
d0194759_20522158.jpg

おいしぃ~、栗ってこんなに甘かったっけ??自然の甘みが濃厚で、実はほっこりしてます。
私が拾った栗たちも、こんなに美味しいんだぁと思うと、食べる前から胸躍ります。

今回栗拾いで学んだことは、栗のイガは思った以上に尖ってて、痛いってこと。中にこんなに美味しい実があれば、そりゃあ防御も堅くなりますよね。でも、ナメてかかったらあかんぜよ。


【余談】
小布施の旅から帰り、みえはる氏をお家に送っていったとき、みえはる氏のダンナ様につっこまれてしまいました。
「栗なんて、長野まで行かなくても友達の家の裏庭でとれるのに。」
うぅぅ、確かに秩父なんかでも栗拾えます。しかもお友達の家なら入園料かからないし…。でも、だって、ただ小布施に行きたかったんだよぉー。奥様を長い時間お借りしてしまってスミマセンでした。
来年は、近場で拾いまっせ!
[PR]
by harumerci | 2011-10-22 20:58 | travel