日々の泡をぷくぷくぷく・・・


by harumerci

出産を経て

ぼーっとしてる間に、出産してから早2ヶ月が過ぎてしまいました。

前にブログを更新したときはまだ妊娠中だったけど、今は生まれた子どもを腕に抱いてます。不思議だなぁ。

出産について感じたこと、書き留めておこうと思います。

陣痛促進剤とか使いたくないなぁという希望があって、予定日を越しての出産はできれば避けたいと思ってました。だんだんその気持ちが強くなって、焦りに変わってましたが、結局39週と2日で出産に至りました。

トータルの分娩時間は14時間。病院に着いてからは5時間、分娩台にあがってからは10分での出産でした。

陣痛ってどんなものか想像つかなくて、陣痛が来たか自分でわかるか不安だったけど、ちゃんとわかりました。人によって違うのかもだけど、私にはドクンドクンと内臓を絞られるような痛みで、これが子宮の収縮かぁという感じ。
テキストどおり、陣痛の痛みはどんどん強くなっていきました。出産はお母さんも辛いけど、赤ちゃんの方が辛いんだよ、と病院の助産師さんやヨガの先生に言われ、お腹の中から頑張って外の世界に出てこようとしてる赤ちゃんが苦しくならないように、しっかり呼吸して酸素を送ってあげて、とも言われていたので、その気持ちだけで深く呼吸し続けました。

まだいきめない子宮口全開ギリギリのときが一番辛くて、痛みがドスンドスンと襲ってきました。呼吸というより悲鳴という感じになってましたが、その痛みの中に、赤ちゃんが頭で産道を押してるような感覚もあり、あぁ、お腹の赤ちゃんは頑張ってるんだ、と感じました。

分娩台にあがってからは4クールぐらいいきんで、つるっと産まれました。背中の下のほうからドドドっと何か出たという感じ。便秘で苦しんでたけど、ようやく排便できた!という感覚に似てたなぁ。

赤ちゃんは出てきてすぐに「うえ〜ん」と産声をあげていました。今までお腹にいたのに、今は1人の人間としてここにいて泣いてるんだ、と思うと感動で涙が出てきました。立会いしていた夫と手を取り合って「泣いてる〜」と感動したことは、一生の思い出です。

確かに陣痛は辛かったけど、初めての出産だし、赤ちゃんを感じながら出産したいと思っていたので、自然分娩で産めてよかったと思ってます。
振り返ると私にとっての出産は、感動しかない経験だったなぁと思います。それは妊娠期間も含め、私のお腹の中で赤ちゃんが育ってくれたこと、頑張って産まれてきてくれたこと、それを思うと涙が出てきます。

我が子は格別に可愛いというけど、それは出産という関門を一緒に乗り越えたというのが大きいのかも。

今は、私たち夫婦が授かった、奇跡の塊みたいな我が子が、すくすくと成長することを祈るばかりです。
[PR]
by harumerci | 2013-09-19 15:54 | life