日々の泡をぷくぷくぷく・・・


by harumerci

<   2011年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

三浦リトルトリップ

久しぶりに夫くんとドライブデートに出かけてきました。

時節柄、あんまり遠出はできないので、近場のおでかけスポットである三浦半島へ行ってきました。

目的は、花摘みとマグロ!時期的にイチゴ狩りもいいかもね、と一路三浦半島へ車を走らせます。

最初に着いたのはイイジマ農園。三崎口駅の手前ぐらいから、そののどかさにノックアウトされていましたが、農園に着いて眺めた景色にホント癒されました。
d0194759_18125476.jpg

遠くに海が見えて、高い建物がなくて、広がるのは畑ばかり。いいなぁ、こういうところに住みたい!久々にそう思える町に出会いました。

さて、イイジマ農園さんでは、イチゴ狩りもできますが、それはお腹いっぱいになるとお昼に食べる予定のマグロに響くため見合わせ、やっぱり当初の目的どおり、花摘みをすることにしました。花摘みだけじゃなく、農園内の野菜も収穫できるそうで、獲ったものは最後にお会計をするシステムです。久しぶりの畑に腕がなります!

菜の花もキレイに咲いてます。これは水菜のお花です。
d0194759_18201726.jpg

キャベツを収穫しました!ほかにも三浦大根とブロッコリーを獲りました。
d0194759_1822262.jpg

ポピーがキレイに咲いてます。
d0194759_1825177.jpg

ポピーはすぐ花が咲くし、散ってしまうので、摘むのはつぼみのもの。でも農園のお兄さんが、咲いてるポピーはタダで持っていっていいよ、と言ってくれました。

イイジマ農園での収穫はこんな感じ。両手いっぱいです。
d0194759_18281776.jpg


次は港へ移動して、夫くんの要望であるマグロを食べに行きます。
目指すお店はくろば亭というテレビや雑誌で有名なマグロ料理屋さん。ネットで調べたところ、人気のため行列ができているとのこと…。無事はいれるかしら、と心配しつつ到着。お昼少し前だったため、すぐに座れることができました。でも私たちの何組か後からは、満席で待ちがでていたようです。

人気店だけあってお店は活気に溢れてます。フロアのおばさまが威勢よく今日のオススメを教えてくれるので、迷わずそれを注文。活イカのお刺身とびんちょうマグロの漬け丼、マグロ山かけ丼を注文しました。

活イカのお刺身。
d0194759_1837171.jpg

こりこりした歯ごたえがあるのに柔らかくて、新鮮さが伝わります。

私が頼んだマグロ山かけ丼。
d0194759_18385368.jpg

マグロが肉厚でやわかい!少し甘みがあるような濃厚な赤身でした。山芋のねばりと良く合います。

夫くんが頼んだびんちょうマグロの漬け丼。
d0194759_18411387.jpg

ひとくちいただきましたが、脂がのってて美味しい!漬けダレがよくしみてて、噛むほどに味が広がりました。お店のオススメはまちがいないです。

ほかにも美味しそうなメニューがたくさん。コロッケやチャーハンなどもあるので、子ども連れでもマグロを堪能できるやさしいお店だと思います。

お店を出た後はちょっとだけ移動して、魚産直市場うらりに立ち寄りました。
そこからの漁港の眺めです。こちらものどかです。
d0194759_1846751.jpg


帰路に着く前に、三浦に来たら寄りたいパン屋さんがあったので、行ってみました。
三浦パン屋充麦さんは、地元の素材を使った地域に根差したパン屋さんです。私たちが来店した時もお客さんはひっきりなしでした。まだ買っただけで食べてないので、今夜の夕食に少し出そうかな。

私も夫くんも、職業柄地震後は逆に忙しくなってしまい、くたくたな毎日でしたが、今日は久しぶりにリフレッシュできました。三浦半島ののどかさに気持ちが洗われました。またもう少しあったかくなったらこようかなぁ。
[PR]
by harumerci | 2011-03-27 18:55 | travel

春はもうすぐ・・・

気がつけば、3月もあと7日。

まだ寒い日が続きますが、ふと沈丁花が香ったり、早咲きの桜が咲いていたりと春を感じる瞬間が増えてきました。

今シーズンは、絶対リバティプリントのアイテムを取り入れるぞ!と意気込んでいまして、つい調子に乗って仕入れてしまいました。

d0194759_2323439.jpg


どちらも同じように見えるけど、右のピンクのは丸首のスモックで、左のブルーのはワンピースです。
小花柄は全般的に好きなんだけど、リバティは甘いけど甘すぎない、ちょっとパキっとした柄と色づかいがたまらなく、つい手にとってしまいます。

リバティプリントは結構お値段がして、今まで手が出せずにいたんですが、今シーズンは色んなお店でそれらしきものを扱っていてちょっぴり敷居が低くなっていたような・・・。そのおかげで私も手に入れることができました。

まだ寒くてダウンを着込んでいるけど、ダウンの中はリバティで春らしくいきたいなぁ。

春はもうすぐそこ。明日あたり、どちらか着て出かけようかな。
[PR]
by harumerci | 2011-03-24 23:34 | goods

あんこう鍋!

大震災もあり、暗い話題ばかりの最近…。余震も続いて、なんだか落ち着かないですよね。
そのストレスなのかは不明ですが、鼻のあたりにヘルペスが出てしまいました(涙)

例年であれば、この時期は異動の季節なので、送別会で予定が埋まってしまうことが多いのですが、それも自粛ムード。まあ、当然といえば当然ですが…

今日はもともと、職場で退職者がいるので、その送別会の予定でした。暗い話題ばかりだし、景気づけで予定どおり開催しよう!と係長が言ってくれたため、久しぶりの飲み会となりました。

予約していたのは「あんこう鍋」。私が幹事なので、自分が食べたいものでお店を決めました(笑)
d0194759_071456.jpg

初めて食べたのですが、身がプリプリして美味しい!皮や肝もいただけて、何だか食べ尽くしてるぅ〜ってかんじ♪そしてなんといっても、あんこうの出汁がでたスープが抜群でした!あんこうさん、美味しさをありがとう。

そして、お店の方のご好意で、マグロの頭の丸焼きを出してくれました。
d0194759_071442.jpg

すごい!テレビで見たことはあるけど、実物は初めてでした。意外と身は少なかったですが…。お店の人の優しさにも感動です。

被災地の方に比べたら、豆つぶみたいな大変さですが、やっぱり通常とは違う混乱に巻き込まれたこの1週間。日常から離れてしまった、という不安もありましたが、いつものとおり飲んで食べて、例年どおり異動の話題で盛り上がって…それができることって、何て幸せなんだろうと改めて思いました。

つまらない日常だったりもするけど、それを送れるだけでもありがたいことですよね。
よし、明日もしっかり日常をこなしていこう!
[PR]
by harumerci | 2011-03-23 00:07 | food

ついについに…

花粉症と診断されました(涙)

ここ数日、喉の痛みと目のかゆみとくしゃみに悩まされておりました。でも、喉の痛みと寒気もあるし、花粉症じゃないかも!と最後のあがきをしていましたが、今日病院で花粉症と言われました。でもでも、喉の痛みの原因はわからないとのこと。なんじゃそりゃ。

やっぱり、病院的な医療には限界があるなぁと、今回痛感しました。「症状からして花粉症です。花粉症のお薬出しますから、それが効いたら花粉症ってことですから。」って、なんかおかしくないか?薬ありきってかんじに閉口してしまいました。

私が求めてるのは、病院的なものじゃないんだなということを再認識。サプリメントや、食べ物や生活習慣で体質改善していく、という方がしっくりきます。

これからは自分なりに花粉症対策しなくてはなぁ。夫くんもひどい花粉症なので、二人で頑張ります。
[PR]
by harumerci | 2011-03-12 12:36 | life

武士道セブンティーン

以前「ストロベリーナイト」の記事で触れた誉田哲也さん。本作も誉田さんの作品です。
セブンティーンとくれば・・・もちろん前作は「武士道シックスティーン」そして続きの「武士道エイティーン」も既刊です。(ただし「エイティーン」は文庫になっていないため、未読です。)

さて、本作は青春を剣道に捧げた女子高生2人が主人公のお話。何を隠そう、このワタクシも中学・高校・大学と剣道に励んできました。今でこそ、やれフラだタヒチアンだ、北欧食器が素敵だと言っていますが、5年ぐらい前までは剣道臭をさせながら竹刀を振っていたんです。

磯山香織と甲本早苗、剣風(剣道のスタイルのこと)も性格も見た目も正反対の二人が、剣道を通じ互いを理解し、好敵手として剣道に打ち込む姿がそれぞれの視点から描かれます。

前作のシックスティーンでは、どちらかというと香織が早苗に出会って成長するという展開。今作のセブンティーンでは、早苗が剣道に迷い、香織や周りの人のおかげでまた少し成長し剣道と向き合うことができるようになる、という展開でした。

この作品を読むと、もっと昔にこの作品に出会っていたら、私の剣道人生も違ってきていたかもしれないなぁと思わずにいられません。香織や早苗のように剣道に近づこうと努力することができたら、今でも細々と続けていたかもしれません。こんなこと、今言っても始まらないんだけど、あの頃は漠然と剣道をやっていて、このはったりが通用するのはここまでかも・・・と思って竹刀を置いてしまったんだよな。もちろん剣道はそういうことじゃない、というのもわかってはいたけど、ダメな自分と向き合うのに疲れてしまったというか・・・。まさかここでこんな話をするとは夢にも思ってなかったですが、この作品はそんな私の中の郷愁を誘う部分がたくさんあるんです。

そして、本作セブンティーンでは、剣道が武道たるのは何故か、スポーツと武道はどう違うか、ということをすんなりと納得させてくれます。ごくごくマイナーな議論ですが、剣道をオリンピック競技にするか、という議論があります。私は絶対反対です。柔道のようにスポーツ化してほしくないですから。スポーツ化のなにがいけないの?と思った方、是非本作をお読みください。

そしてこれも余談ですが、最近私は小・中学生のお子さんがいる方にはいつも「お子さんに剣道やらせたらどうですか」と言ってまわってます。こんなにいい精神修養のできる習い事はほかにありませんもの。といいつつ、自分の子どもだったら?と聞かれると、女の子だったら肩がごつくなっちゃうからやらせないかも・・・と答えてしまいそうですが(笑)

私自身、剣道はやめてしまったし、再開する勇気はまだないけど、今でも剣道は大好きです。むしろ剣道をやっていたときより好きになってるかもしれないです。選手の名前なんかも、夫くんに教わっていたらだいぶ詳しくなりました。この作品を通して、剣道の良さをわかってくれる人が増えたらいいなぁと、ついつい関係者のような感想を持ってしまいます。何か若いころに打ち込んでいたものがあった人なら必ず共感できるし、とってもさわやかなお話なので、青春小説としても楽しめます。

私は、この武士道シリーズを通じてじわじわと、さらに剣道が浸透していくことを願わずにはいられません。
[PR]
by harumerci | 2011-03-09 00:23 | book・cinema

フラはじめました。

ちらちらとお話してたとおり、今日からフラはじめました。

フラに引き続き、タヒチアンのクラスも受講することにしたので、とっても充実してます。

運動量はちょっと少ないかなって思うけど、前の教室で教えてもらえなかったことを教えてもらえたりして、すごい楽しい!できないことも多いけど、色々教えてもらえるから、できるようになったときのことを思うと、俄然やる気がでます!私も早くみんなと一緒に踊れるようになりたいな〜。

9月にはホイケ(発表会)もあるらしい。よっしゃ、頑張るぞ!
[PR]
by harumerci | 2011-03-07 23:02 | life

流星−お市の方−

これは、織田信長の妹である、お市の方の人生を描いた歴史小説です。

もともと、中学生のときに永井路子さんの歴史小説にハマり、読みあさっていたときに出会いました。
今、大河ドラマ「江」で話題の浅井三姉妹の母がお市の方です。ドラマでは、鈴木保奈美さんが演じています。
昔ハマっていたこともあり、大河ドラマのために復習として読み返してみたんですが、改めてお市の方の人生に深く感じ入りました。

永井さんの歴史小説は、近現代以前の女性がどんなに活き活きと暮らしてきたか、ということを様々な裏付けのもとにわかりやすい表現で語ってくれます。それがすごく魅力的なんです。

戦国時代によくある政略結婚というと、政治の道具として女性が使われ、なんてむごいことなんだろうと言われがちですが、当時の女性は外交官のような立場であったと永井さんは書きます。まさに戦国の世にあって、女性は自らも役割をもって働いていたといえるのです。

お市の方は、まさしく自ら戦ってたくましく戦国の世を生きた、凛とした女性だったのだ、と永井さんの本は語ってくれます。

歴史資料に基づいていても、小説自体は永井さんの憶測であり、フィクションです。でも、そのように強くたくましく生きた女性が過去にいた、と思うだけで、自分も強く生きれる気がして、勇気が湧いてくるんです。そこがこの本の魅力であり、永井作品の魅力ではないかと思います。

実は大河ドラマの復習の本丸は、浅井三姉妹を描いた「乱紋」という作品です。
これからとりかかろうと思いますが、三姉妹の母の話でも大河ドラマになるんじゃないかと思うほどドラマチックなので、思わず紹介してしまいました。
[PR]
by harumerci | 2011-03-06 11:49 | book・cinema

ちゃんこ!

d0194759_2251184.jpg

今、実家に帰っているので、今日の夜は家族でちゃんこ鍋を食べにいってきました♪

地元の相撲茶屋で、元力士の方がやっています。

予約しておいてくれたのは、塩ちゃんこ。具は白菜や小松菜がたっぷりと入っていてヘルシーかと思いきや、鶏だんごや豚肉もあってスタミナもたっぷり。

ちょい油っこいかなと思いましたが、スープの味は美味しかったので、しっかりたいらげました(笑)

しめはラーメンにして、最後まで野菜と鶏のスープを堪能しました。
[PR]
by harumerci | 2011-03-05 22:51 | food

続・ひなまつり

d0194759_20451432.jpg

実家に帰ったら、まだお雛様が飾ってありました。やっぱり華やかでいいですね。

右に飾ってあるのが、昨日書いた老夫婦の人形です。
私もいつか子どものお雛様と自分の人形と一緒に飾れたらステキだなぁ…と思いました。
[PR]
by harumerci | 2011-03-04 20:45 | life

ひなまつり

今日はひなまつりです。

今のお家では、お雛さまではなく「共白髪」の老夫婦の人形を、この節句に合わせて飾っています。これは、昨年結婚したときに私の両親が贈ってくれたもの。「共に白髪になるまで、夫婦が連れ添えますように」との願いを込めて、結婚したら贈るというものです。お雛さまと違って華やかさはないけど、日本の習慣ていいなぁと、眺めるたび思います。

さて、ひなまつりは女の子の節句です。一年の無事と健康を願うわけですから、ちゃんとやらなきゃです。
ちらし寿司をつくる気力はなかったので、私の母直伝の鮭ごはんを作ってみました。
d0194759_2148357.jpg

もりもりっとのっているのは菜の花です。盛り付けが雑でしたね・・・。
汁ものは、はまぐりのお味噌汁。
鮭のピンクと菜の花の緑が春っぽくて、明るい食卓になりました。

鮭ごはんは、すっごく簡単!
ご飯を炊くときに、2合に1切れの割合で鮭の切り身を一緒に入れて炊きます。
炊きあがったら、鮭の身をほぐしてご飯とまぜ、ご飯はすし酢やすしのこで酢飯に仕上げます。
お好みで、白ゴマを混ぜても美味しいです。
簡単で見栄えがするので、おもてなし料理としても使えます。私はお客さんが来る時によく作りますが、実家ではなぜか、クリスマスのときの定番メニューでした(笑)

そしてこの時期店頭に並ぶものといったら、桜餅ですよね。
d0194759_2222242.jpg

草餅も捨てがたく、小ぶりなのでいいか、と言い訳をしてふたついただきました。
緑茶とよく合います。あんこってほんと美味しい。

美味しいものを食べられて、またちょっと頑張れそうです。
[PR]
by harumerci | 2011-03-03 22:06 | life