日々の泡をぷくぷくぷく・・・


by harumerci

<   2011年 07月 ( 17 )   > この月の画像一覧

白いあさがお

d0194759_9552780.jpg

同じ時期に植えた朝顔だけど、種類によって咲き具合が違いました。

白い朝顔は最近になってようやく咲き出してくれました。

小ぶりの花がさわやかでかわいいです。
[PR]
by harumerci | 2011-07-31 09:55 | life

ハワイなお菓子

ハワイのお土産の定番。
ホノルルクッキーカンパニーのショートブレットクッキー。
d0194759_17494312.jpg


私、これ大好きなんです。
まず形がかわいい!パイナップルの形で、ハワイに行ってきたっていうことがすぐわかります。
そして何といってもおいしい!!地元の材料にこだわり、質の高い材料から作られているところも好感が持てます。
フレーバーがたくさんあるのも嬉しいです。私はリリコイ×ダークチョコの組み合わせとココア×ココナッツチョコの組み合わせが特に好きです。コナコーヒーフレーバーも真ん中にコーヒー豆がのっていて、可愛らしいんだよなぁ。
自分でお土産として買うときは、どのフレーバーにしようか試食しながら悩むっていうのが楽しいんです。

ハワイのお土産は色々買って帰ったけど、最近はやっぱりこれだなって思っていて、定番化しています。

今回は、夫くんの同僚の方の新婚旅行のお土産でいただきました。
お土産でもらうのもすっごく嬉しい!

ひとくち齧って、しばしハワイの思い出に浸ります。
[PR]
by harumerci | 2011-07-30 18:02 | food
ついに完結です。
ハリー・ポッターシリーズ最後の作品となる『死の秘宝―part2―』を観てきました。

寂しい…。終わっちゃうなんて。という気持ちでいっぱいです。
同時に、ハリー・ポッターをタイムリーに読んだり観たりできる時代に生まれて幸せだったなぁと思います。ちょっと大げさかなとも思うけど、いやいややっぱり過去の名作として触れるより、次回作を待ちわびながら楽しんで、終わる寂しさを一緒に味わえてよかったなぁと思うんです。

最後を飾る今作は、ハリーとヴォルデモートの直接対決に重点が置かれています。なので戦いのシーンが多く、時に残酷な場面も出てきます。
でも、みんながハリーを、ホグワーツを、自分の信じるものを守るために一丸となって戦う姿に感動しました。特に、ホグワーツにハリーが戻りヴォルデモートたちの魔の手が延びるとき、マグゴナガル先生が先頭を切って戦う姿に感動しました。可愛い教え子とホグワーツという聖域を守りたいという必死な気持ちがひしひしと伝わってくる場面でした。

正直、感動という点では原作を読んだときの方が上でしたが、ずっと演じてきたキャストたちも大きくなって卒業するんだなぁという気持ちが入って、映画を観た後はとても晴れやかな気持ちになりました。「お疲れさま、卒業おめでとう!」という気持ちというんでしょうか、ハリーもキャストたちも旅立っていくんだなぁと思いました。

今回、3D初体験でした。確かに迫力の映像でしたが、私は迫力より細かい部分まで目を凝らして作品を感じたいタイプなので、性に合わなかったように思います。どうしても画像の遠近感がおかしくなってぼやけて見えるところもあったので…。これはブルーレイが出たらまた観なくては、と思います。part1と続けて観るという贅沢をするときが今から楽しみです!

最上のファンタジー。本も映画も後世に残して、いつまでも楽しみたい作品です。
[PR]
by harumerci | 2011-07-29 21:37 | book・cinema

ひとりごはんは・・・

最近、家で一人のときの定番メニューがこれ。

アボカド納豆丼!!

d0194759_2015323.jpg

簡単で美味しくて栄養満点です。
最近は玄米を常食しているので、今回も玄米が土台になっています。これまた、玄米のプチプチ感と具のねっとり感がよく合うんです。

いつもはアボカドと納豆だけですが、今日はお豆腐も乗せてみました。
最後にかつお節をかけ、お醤油をたらして出来上がり!
ぐちゃぐちゃに混ぜて食べるのが正解です。ふっくら、とろーり、ぷちぷち・・・色んな食感が味わえます。
[PR]
by harumerci | 2011-07-27 20:20 | food

薔薇とサムライ

d0194759_1623858.jpg

先日、舞台を映画館で見られる「ゲキシネ」というのに行ってきました。

この『薔薇とサムライ』は、劇団新感線の作品で、主演は古田新太さんと天海祐希さんです。
天海さんが女海賊のボス、古田さんがその海賊団の用心棒・石川五右衛門を演じています。

とにかく何もかも面白かったです。「エンターテイメントってのはこういうもんだ!!」と言われているような、圧倒的な面白さでした。音楽も基本はロックでヘビメタだったりロカビリーだったり、とにかくノレるものばかり。笑いあり笑いあり、少し涙あり(?)であっという間の時間でした。

生で見て、一体になって盛り上がりたいとも思ったけど、映像で見るのもまた良いものでした。劇場だと役者さんの顔を近くで見るのは難しいですよね。映像だとアップと引きをうまく編集してあるので、映画のような見やすさもありながら舞台の臨場感もある。新しい舞台の見方だなぁと思いました。

それにしても、天海祐希さんはほんとカッコいいです。惚れます。もともとファンですが、恋してしまうとでも言うのか…宝塚ファンの気持ちがよくわかります。歌も上手いし顔も整ってる、文章にすると平凡ですが、男とか女とか関係なく役者をするために生まれてきたんじゃないかと思えてしまう整い方にため息が出てしまいます。

舞台という新たな世界がまたひとつ広がりました。今度は生で見てみたいですね。
[PR]
by harumerci | 2011-07-20 16:23 | book・cinema

ORI TAHITI

“ORI”はタヒチ語で「踊る、踊り」という意味。
“ORI TAHITI” はつまり「タヒチの踊り」=タヒチアンダンスのこと。

わたしも2年半ぐらいタヒチアンダンスを習っていますが、先日お友達の発表会を見に行って「タヒチアンダンスが好きだ!」という気持ちを新たにしました。

行ってきたのはTUAHINE TAHITI という教室の発表会です。昨年できたばかりの教室で、教室としても初めての発表会のようでした。
前に同じ教室でタヒチアンを習っていたお友達が何人か出演するので、何ヶ月も前から楽しみにしていました。さらに発表会の後は、主宰の先生を含むダンスチームによるショーもあるということで、ますます楽しみ!しかもそのダンスチームでは、私のお友達も踊っているので他人事ではありません。


d0194759_20224079.jpg

これは「Ote'a(オテア)」という踊り。
タヒチアンドラムに合わせて色んなステップを踏みます。リズムが速いので、腰や手や足を合わせるのが大変なんだけど、一番タヒチアンっぽくて、タヒチアンの醍醐味って感じがします。タヒチアンを習ったなら、オテアを踊りたい!とわたしは思います。
d0194759_20342754.jpg

この衣装、とっても可愛いですよね!でも落ち着いた色合いで、踊りと合わさるとすごくカッコよく見えました。この衣装のヘッドドレスとヒップベルトはクラスの子が手作りしてくれたんだそう。すごいですよね!
ココブラにヒップベルトに立体的なヘッドドレス。すごくタヒチアンぽくてステキ!なんだかうらやましいなぁ。

d0194759_20353848.jpg

そしてこれは「Aparima(アパリマ)」という踊りです。
歌に合わせて歌詞の意味をハンドモーションで現わしながら踊ります。フラを想像してもらえるとわかりやすいかな。でも足の動きとか腰の動きとか、やっぱりタヒチアン独特なものがあります。
写真で踊っているのは「E poti i」という曲で、私も踊ったことがありますが、この教室の振り付けは可愛らしくて、見ていると自然と笑顔になってしまいます。みんな笑顔で踊っているからかな。やっぱり笑顔で踊るのが一番だなぁ、わたしも心がけよう。

それぞれみんな衣装と踊りが可愛くて、同じ踊りもあったけど衣装が違ったりフォーメーションが違ったりで、飽きずに見ることができました。先生も生徒想いな感じで優しそうで、アットホームな感じがとても好感が持てました。私も一度体験レッスンに行ったことがあるので、あの時入っていたら今頃ここで踊っていたんだろうか…そっちの方が楽しかったかなぁなんて思ってしまいました。(もちろん、今の教室も楽しいですよ!)
それより何より、刺激をもらいました!みんな昔より踊りが上手になってるし、笑顔で踊ってるし、帰ってさっそくファーラプやテキを練習したくなりました。体育会心に火がついてしまうとでもいいますか、わたしもみんなみたいに笑顔で楽しそうに踊りたいって思えました。よし、わたしもhoikeに向けて頑張るぞ!

さて、発表会の後のショーですが、とぉーってもステキでした!!
ダンサーのみなさんが素晴らしくて、若い教室と思えないほど完成されているように見えました。またイベントなどあったら是非見に行きたいです。
そして何より、先生がすごかったです。人間業とは思えない腰の動き。声を出そうと思っていなくても、感心しすぎて「おおーっ!!」と歓声をあげてしまいました。
私のお友達であるダンサーのTOMOMIちゃんも、可愛すぎてうっとりしてしまいました。

AKOちゃん、MIHOちゃん、CHIYOKAさん、HITOMIちゃん、TOMOMIちゃん、発表会とってもステキでした!!みんなとまた一緒に踊りたいなぁ。

タヒチアンフレンドのみんなと↓
d0194759_21141923.jpg

タヒチアンをやってなかったら、職場以外でこんなに仲良くなれるお友達はできなかったと思います。ほんとやっててよかった!
[PR]
by harumerci | 2011-07-19 21:24 | life

タコパ!!@ホーム

わが家でも、たこ焼きプレートを導入しました!

今日は折りよく大学時代の剣道部の友人が遊びに来てくれたので、さっそくたこ焼きパーティーをすることにしました。

昼間からビールで乾杯!料理の準備の後のビールはたまらなくおいしいです。(料理するのって暑いですよね!?)

しばらく前菜とおつまみでお酒をいただいた後、ようやくたこ焼きにとりかかりました。
d0194759_2182460.jpg

はじめはスタンダードなたこ焼き。タコ・キャベツ・ねぎ・紅しょうが・揚げ玉
d0194759_2193432.jpg


2回目は2種類作りました。
d0194759_21103716.jpg

左)めんたい・もち・チーズ  ゴールデントライアングル!!
右)キムタコ(キムチとタコ)

どっちもおいしい!!
でも、もっと色んな味を試したかったなぁ。お家たこ焼きの可能性を広げたい!
次はもっと大勢でやるか、はじめから替わりダネを1列づつ作るのもいいかも。

お家たこ焼きはいろんな味が作れるのも楽しさのひとつだけど、みんなでワイワイ作るのも楽しいです。今日はみんなでつつきながらクルクル。
美味しくできたし、楽しかったぁ。またやりましょうね!
[PR]
by harumerci | 2011-07-18 21:20 | life

松本城

今回の信州への旅のしめくくりに、松本市へ足をのばし、松本城とその周辺の散策をしてきました。

松本城は国宝に指定されています。
私もいくつかお城は行っていますが、国宝は二条城以来2回目です。二条城もだいぶ昔に行ったので、あまり記憶にありません…。なので、国宝という響きにちょっと緊張し城内見学へ向かいました。

さすが国宝というだけあり、中の造りが昔のままで年季が入っています。あぁ、ここに侍が詰めていたんだぁとか、ここが戦のときの城主の玉座なんだぁとか、昔の様子に思いを馳せることが容易にできるような佇まいで、そのことに感動しました。

d0194759_20432646.jpg

荘厳な佇まいです。

お城のお庭では、地元の茶道会によるお茶席が設けられていました。そういうの好きなので、一服いただいていきました。
お抹茶を飲みながらお城を眺めるのも、オツなものです。

お城を後にして、松本の街をブラブラ。
本当は民芸家具とか器とかゆっくり選びたかったんですが、暑さと帰りの時間のためひと回りしてここも後にすることにしました。

老舗の喫茶店ですが…
d0194759_20482922.jpg

まるまるもりもり~♪


松本も素敵な街でした。来年はクラフトフェアの頃に来るのもいいなぁ。


【おまけ】
帰りの中央道で虹に遭遇しました。
d0194759_2052727.jpg

わかりますか?
虹がふたつかかってるんです!

甲府の山のごつごつした感じと、そこに虹のかかった様子が、まるでハワイのようでした。

思わぬ幸運です。
[PR]
by harumerci | 2011-07-18 20:50 | travel

きのこ!

安曇野(おもにお宿)で出会ったきのこたち。

普段の生活でそのへんにきのこが生えてることなんてないですよね!
つい興奮して写真を撮ってしまったので、ご報告まで…

d0194759_20305719.jpg


d0194759_20315034.jpg


d0194759_2032998.jpg


d0194759_20353035.jpg


d0194759_20332388.jpg

[PR]
by harumerci | 2011-07-18 20:35 | travel

わさび畑

安曇野観光の定番といえば、「大王わさび農場」。

私たちは今回の旅行で初めて訪れました。

到着すると、たくさんの観光バスと人、人、人!
お宿付近にいたときはあんまり気がつかなかったけど、やっぱり「おひさま」効果で観光客が多いのかなぁ。

さて、大王わさび農場といえばこれ。
d0194759_19593135.jpg

清流と水車小屋の風景です。
川の流れの中には水草がさらさら流れていて、見ているだけで涼しくなれそうです。

わさび畑を支えている清流は、こんなにも透明でまっさらな感じです。
d0194759_2013323.jpg


この清流の中に足をいれられるスペースがあります。小さい子どもは水浴びぐらいの勢いで遊んでましたが、私たちは足首まで入れるのがやっと!
d0194759_2016854.jpg

清流すぎて、水がすっごく冷たいんです。
水から出たあとは血流がよくなって逆に足がポカポカしてくるようでした。
最近剣道で足を痛めた夫くんは、「アイシングにちょうどいい」などといっていました(笑)非常に贅沢なアイシングですよね。

農場をひととおり散策して、最後にはわさびソフトクリームをいただきました。ラベンダーソフト同様、ここのもわさびを細かく刻んだようなのが入っていて嫌味な辛さはなく、わさびの爽やかな風味が残るのみでした。

この日も暑かったけど、わさび畑の清流のそばにいくとひんやりとして、自然の涼を体感できました。
[PR]
by harumerci | 2011-07-18 20:27 | travel