日々の泡をぷくぷくぷく・・・


by harumerci

<   2011年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

ル・マグレヴ

明日はわたしたち夫婦の結婚記念日。
最近は夫くんが多忙だったため、ほとんど休みが合うことはなかったのだけど、奇跡的に今日は二人ともお休み。せっかくなので、結婚記念日ディナーに行くことにしました。

お家から電車で少し行ったところにある二子玉川のビストロに行こうと思ってたんですが、タカをくくって予約しないで行ったら、お店が予約で満席のため入れず…。でも、赤ワインと赤身のお肉な気分だったので、これまた二子玉川にあるモロッコ料理のお店「ル・マグレヴ」へ。初めて行くけど、前を通るたびに気になっていたお店だったのでウキウキです。

さっそく赤ワインを頼み、前菜で小腹をおさめます。
茄子のディップは料理としては知っていたけど、食すのは初めて。とっても美味しかったので、自分でも作ってみようと思いました。

さてさて、モロッコといえばクスクス。思えばこうやってちゃんとした料理で食べるのは初めてかも。
じゃーん、野菜のクスクス。
d0194759_2138557.jpg

つぶつぶしてるのがクスクスです。世界最小のパスタ。こやつがスープの旨味を存分に吸っていて、じんわり美味しいんです。

そして、さらにモロッコといえばタジン料理。
d0194759_21402938.jpg

これはチキンとジャガイモのタジン。
タジンは最近ハヤリのラッパを逆さにしたみたいな形をしてる鍋で作る料理です。(写真は、鍋のフタを取った状態。残念ながら特徴的なフタは店員さんにサクっと持っていかれてしまいました。)
日本でよく見るレシピは「タジン鍋でヘルシークッキング」みたいな蒸し料理が多いような気がしたけど、今日いただいたのは全然そんな感じじゃない!ガツンとワイルドなお味でした。
タジン料理、すっごく美味しかったので、次回是非違うお味も試したいです。

わたしが切望していた赤身のお肉は、ラム肉のケバブという串焼き料理で堪能いたしました。

初体験ばかりのモロッコ料理でしたが、夫くんも絶賛、クセになる美味しさでした。また来たいお店です!
[PR]
by harumerci | 2011-11-27 21:50 | shop・cafe

ベーグルサンドな朝食

本日の朝食はベーグルサンド。
コストコベーグルと鶏ハムという、ブログ内ではおなじみ(?)の材料で作ります。

d0194759_12202766.jpg

ハニーウィートベーグルには、鶏ハムとアボガドを挟むだけ。とくに味付けしなくても、鶏ハムの塩けとアボカドのクリーミィ感がよく合っておいしいです。わが家で定番化しつつあるメニュー。
シナモンレーズンベーグルには、クリームチーズとお好みで果物ジャムをたらします。わたしはマーマレードにしてみました。

おいしい朝食とコーヒーをおいしく淹れられた今日は、なんだかハッピーな一日になりそうです。
[PR]
by harumerci | 2011-11-27 12:26 | food

鶏ハム

3年ぐらい前から、わたしの中の定番料理「鶏ハム」
お安い鶏ムネ肉がプリッとしたハムに変身するこの料理は、何かと重宝するのでお気に入りです。

よくスーパーに売っている鶏ムネ肉を使います。なるべく皮などの脂肪は取って、1枚あたり砂糖・塩大さじ1づつをよーくすりこみます。すりこむのは、砂糖→塩という順番が定着してます。
何日か冷蔵庫で熟成させ、茹でるときは水からゆっくり茹でていきます。
d0194759_2138663.jpg

今日は長ネギの青い部分と生姜と一緒に茹でてみました。お酒を入れて茹でるだけでもいいと思います。

出来上がりはこんな感じ↓
d0194759_214148.jpg

きんぴらとトマトと盛り合わせて、晩ごはんのおかずになりました。
ビールにもワインにも合うし、お弁当のおかずにもぴったりで使い勝手抜群です。

さて、鶏ハムの茹で汁でもう一品。実はこれが楽しみだったりして… 

鶏ハムを取り出した茹で汁に野菜をいれ、火を通します。ちなみに今日は冷蔵庫の余り野菜たち(長ネギ、玉ネギ、大根、えのき茸)とわかめを投入しました。茹で汁には鶏ハムの旨味が溶け出しているので、だいたい味はついていますが、野菜を煮たあとに味をみて、中華ダシや塩で味を調えます。お好みで黒コショウを入れてもおいしいです。最後に溶き卵をひとまわししてフワっとさせます。
d0194759_21504377.jpg

鶏の旨味と生姜が効いて、体の芯から温まるスープのできあがり。

経済的でおいしい「鶏ハム」。おすすめですよー。
[PR]
by harumerci | 2011-11-26 21:56 | food

猿田彦珈琲

d0194759_13325521.jpg

恵比寿へ行った折、とっても素敵なコーヒー屋さんを見つけました。

「猿田彦珈琲」は、小さなコーヒー屋さん。イートインもできるし、気軽にテイクアウトもできます。

ドリップコーヒーを注文したところ、きちんと豆を挽いてから淹れてくれました。目の前でドリップしてるところを見れるのが、またいい。
コーヒー豆も5種類から選べました。「猿田彦フレンチ」という豆にしてみましたが、しっかりした香ばしさが美味しかったです。
やっぱり挽きたての豆で淹れると違うなぁ。

こんなお店、家や職場の近くにあったらいいのに。
自分でコーヒーを淹れる楽しみを捨ててでも通っちゃうかも(笑)
[PR]
by harumerci | 2011-11-26 13:32 | shop・cafe

コストコ再訪

ついにわたしもコストコの会員になってまいりました!

いままで何度か訪れていますが、いまいち乗り気になれなっかった会員登録。今日はふんぎりがついて、無事会員カードをつくり、じっくり倉庫内を見てまわりました。

d0194759_22161638.jpg

今日の戦利品たち!

やっぱりベーグルは安い。これ、2袋で580円ですよ。ひとつ約48円。
食パンも3斤分で368円。しかも木村屋の食パンなんです。
パンて便利だから毎回の買い物で買うんだけど、結構かさばるので「何とかならないか」とは思ってたんです。今回まとめ買いできたので、しばらくは気にしなくていいので助かります。

その他、一番の目的だったブリタのカートリッヂ。まとめ買いでお安くなってます。うしし。

じっくり見てまわって色々とメボシをつけてきました。前々から欲しいと思っていた圧力鍋や、そろそろ買い換えたいと思っていたフライパンなども他で見るより安かったので、コストコで買おうと決めました。
それから、キッチンペーパー!これはずっと欲しいけど量が多すぎてストック場所がないので、買ったときはお友達と分けないとなぁと思ってます。

まだまだ賢いまとめ買いの道のりは長いけど、うまく活用していきたいです。

necoyanagiのみなさん、わたしの会員カードも使えば、みんなでコストコいけるね!楽しみじゃー!!

さて、今日購入した「もちもちじゃがまん」なる冷凍食品をさっそく食しました。よく食品売り場のイベントなんかで見かけるアレです。
d0194759_22372921.jpg

またもわかりづらい写真(笑)小籠包みたいな大きさで、じゃがいもでできた皮はもちもち、中にはとろりとした餡が入ってておいしいんです。付属のスープに浮かべれば、寒い季節にぴったりの一品になります。
こちらも24個入りで628円。一般価格は忘れちゃったけど、たぶん、だいぶ安いです。

次はクリスマスパーティーの買い出しに行こうかなぁぁ。
[PR]
by harumerci | 2011-11-23 22:47 | shop・cafe

フラガール

わたしの大好きな映画のひとつです。

フラってステキだなぁと思うキッカケになった映画でもあるし、子どもの頃を思い出す懐かしさもあります。
わたしの母は福島出身で、子どもの頃の夏休みは必ず母の実家へ帰省していました。福島はわたしの第二の故郷。福島弁を聞くと、母方の家族のことや近所の人たちを思い出してとても温かい気持ちになります。福島に行くたびに福島弁を話せないことが悔しかったことを思い出します。みんなの仲間に入りたくて、へたくそな福島弁をしゃべってみたりしたこともあったなぁ…。
ハワイアンセンターへは、よくいとこたちと連れ立って遊びにいきました。何故かおじいちゃんと二人で行ったこともあったっけ…。ほんと懐かしいなぁ。

「フラガール」を見ていると、そんな懐かしい記憶がわぁっとよみがえって、気がつくといつも夢中になっています。

よくよく見てみると、女の子の自立の話だったりします。

炭鉱という衰退しつつある産業からの転換を図るためのハワイアンセンター。炭鉱夫を支えるという将来しか見えなかった女の子たちが、フラと出会って新しい将来を見つけていく。とても希望に溢れた話です。

わたしもフラと出会って、世界が突然ひらけました。
新しいお友達もたくさんできたし、踊る楽しさを知ることができました。知れば知るほどおもしろい!
ハンドモーションの意味を噛みしめながら踊るのはとても楽しいし、優しい気持ちになれます。こんなに楽しいのなら、もっと早くに出会っていればよかったとたまに後悔します。

この「フラガール」のなかでも、町を去ろうとするまどか先生を止めるため、ダンサーたちはトゥーユースイートハートアロハのハンドモーションで語りかけます。手の動きだけでも愛しい人を思う気持ちが伝わってきて、カラダの芯から温かな気持ちになり、自然と涙してしまいます。わたしはこのシーンが大好きです。

映画の中の踊るシーンもしかり、実際のフラショーを見てもしかり、見ているだけで笑顔になってしまいます。踊り手もはじめはぎこちない笑顔だけど、慣れてくると曲を聞くだけで笑顔になったりします。こんなピースフルな踊りってほかにあるのかな?踊り手も観客も笑顔になって幸せな気持ちになる。これがフラのいいところだなぁと思います。

この映画の舞台となったハワイアンセンター(現:スパリゾートハワイアンズ)は、震災の影響でしばらく休業していました。現在は営業も再開し、フラガールたちも元気に踊っています。休業期間中フラガールたちはキャラバンで各地をまわり、チャリティショーを開催していたそうです。とってもステキな取り組みだと思いました。沈んだいまの空気は、フラのもつアロハパワーで温められるんじゃないか。そう思えてしまうのがフラです。

とりとめのない文章になってしまったけど、見終えた感動がまだ残っているのでご容赦ください(笑)

頑張っぺ福島!頑張っぺ日本!
久しぶりに福島に帰りたくなるなぁ。そのときはハワイアンズにも行ってこよう。
[PR]
by harumerci | 2011-11-19 22:01 | book・cinema

秋鮭スチーム

店先には塩鮭ではなく、生鮭が多く並んでいます。
そうかぁ、秋鮭の季節なんだな。

今日はそんな秋鮭の切り身を使っての夕食です。
d0194759_2272310.jpg

写真はちょっとわかりづらいですが…キノコと少し塩をした鮭の切り身をクッキングペーパーで包み、電子レンジでスチームしただけの一品。すごーく簡単。
仕上げに少しのバターと少しの醤油で風味付けします。これでぐっと本格的なお味に。

付け合わせは根菜のラタトゥイユ。こちらもこの季節らしい品です。

一皿に盛り付けて、おしゃれな(?)ランチプレートのようにしてみました。

旬を忘れてしまうほど一年中いろんなものが手に入るけど、それでも旬のものに敏感に、季節に敏感にいたいものです。やっぱり旬のものを摂ることが体のサイクルにも合ってるし、季節を感じることは心の栄養にもなる気がします。
[PR]
by harumerci | 2011-11-16 22:18 | food

豆乳鍋

気がつけば、ブログを開設して1年が経っていました。
まさかこんなにちゃんと続くとは思っていなかったけど、無事1年過ごすことができたなぁという感じです。
これからもよろしくです!

さて、また季節が巡って11月になったということは、これからどんどん寒くなるということ。
そうなると登場回数が多くなるのはお鍋です。

今シーズンの初鍋は「豆乳鍋」。
女子向けかと思いきや、夫くんも大好きな一品です。

ダシと豆乳を1:1で鍋に入れ、少しめんつゆを入れて下味をつけます。
スープができたら食卓にコンロを出し、鍋の準備です。
d0194759_23311636.jpg

今回の具は、鶏肉・ウインナー・豆腐・炙った油揚げ・えのき茸・ネギ・大根・にんじん・小松菜。
大根とにんじんを鍋に入れるときは、ピーラーで薄く剥くのがお気に入りです。
豆乳鍋は薄味なので、そのままで食べれば素材の味が楽しめます。お好みでポン酢を垂らしてもおいしいです。

マイルドなスープに具材の旨味が溶け出して、優しいおいしさが広がります。食べてるうちにどんどん体が温まってくるのがわかります。やっぱり鍋っていいなぁ、野菜もいっぱい摂れるし、何よりおいしい!

出番を待つ控え選手たち。
d0194759_23385770.jpg

みんなしっかりいただきました。
最後はうどんで締めます。スープにすこしお醤油を足して、味付けます。
この最後のうどんを食べるために鍋をやってるようなものだ、と夫くん。確かに、最後の締めが一番おいしいかも。だって旨味たっぷりだもんね。
[PR]
by harumerci | 2011-11-13 23:44 | food

蛇毒マスク

d0194759_22323676.jpg

韓国旅行に行った職場の方にいただいた、TONYMOLYの「蛇毒マスク」。旅行に行く前から、是非買ってきてほしいとお願いしていたものです。

ananに「最新韓国コスメは蛇毒!」と書いてあったので、ミーハー気分で試してみたかったんです。

今日のお風呂上がりにようやく試してみました。
ぷるーん、とゼリーのようなマスクがお目見え。先に試した人の話だと「一瞬生臭いよ。」とのことでしたが、私は気になりませんでした(笑)
浸透させることたっぷり20分。マスクを取ると、ふっくらハリのあるお肌になってます!すごーい!!
蛇毒コスメはシワ改善や肌の弾力に効果的だとのこと。ばっちりの効果です。肌がキュッと引き締まった感じもあります。やはり韓国コスメはやり手です。

この蛇毒マスク、どうやら新大久保でも買えるみたい(笑)

年明けに韓国へ行く計画が少しづつ現実味を帯びてきました。う~、早く韓国行きたい!
[PR]
by harumerci | 2011-11-05 22:48 | goods

本を読むわたし

最近は重たい小説を読む機会が減り、もっぱらエッセイを読んでいます。
10代の頃はそんな日がくるとは思わないほど、がっつり物語を読み漁っていたなぁ…、そんなことを思い出しました。

そんな私の最近のヒット作が、華恵ちゃんのエッセイ集「本を読むわたし」です。
華恵ちゃんは小学生の頃からモデルや文筆家として活躍しているとてもステキな子。ステキな子って、素人風情が生意気ですが、私より10歳程若いというのもあるし、彼女の文章を読んでいるとその魅力の虜になってしまうようなんです。

この本は、華恵ちゃんが小さいころから親しんできたお気に入りの本のことを綴ったもの。ただ本の感想が書いてあるんじゃなくて、本とともにいたその当時の華恵ちゃんの心情が、まさに瑞々しく語られています。読み終わったあと、私が何か感想を言うのがおこがましいくらい「すばらしい!」と思いました。感想を書きたいんじゃなくて、ただ紹介したくて今回はブログに書きます。

私が特に好きなエピソードは、おじいちゃんとのお話。思わず泣きそうになりました。それから、お母さんと二人暮らしになった頃に読んだきつねの絵本の話。少し背伸びして大人になろうとする華恵ちゃんが印象的でした。

昔あんなに本を読んだ気がするのに、私にはこんなにも人生の一部をともにした本があっただろうか、と思わず自分のことを振り返ってしまいました。あったようななかったような…う~ん、ほんとに本読んでたのかさえ疑問になるほど思い出せない。

あなたには、人生をともに歩んだ大切な本がありますか?今までにあってもなくても、これからそんな風に本と付き合っていきたいなぁと思えるようなやさしい気持ちになれる一冊です。
[PR]
by harumerci | 2011-11-04 21:27 | book・cinema