日々の泡をぷくぷくぷく・・・


by harumerci

<   2012年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

花とアリス

ずぅーっと観たいと思っていて何年も経ってしまいました。
ようやくようやく観た「花とアリス」は、瑞々しくて初々しくて、キラキラした作品でした。

十代の女の子の純粋さや、それゆえのズルさ、すでに傷ついた心や傷つきたくない気持ちが引き起こす、日常のちょっとした事件。自分が十代だった頃を思い出し、少し気恥ずかしいような、でも懐かしいような。観ていて自然と笑顔になっていました。

キャストも映像も素晴らしい。ノスタルジックでファンタジックな映像は、さすが岩井俊二さん。やっぱり好きだなぁ、岩井作品。

少女の心はずっと持っていたいと思いつつも、少しずつ心が乾いている気がする今日この頃…少女の心を忘れそうになったとき、それを充電するために何度も見返したい作品になりました。
[PR]
by harumerci | 2012-04-30 19:27 | book・cinema

森に眠る魚

角田光代さんの作品を読むのは「八日目の蝉」以来。この人はどうしてこんなに女性の内面をうまく言葉にできるんだろう、と改めて思いました。
女性だけじゃない、人間誰しも表面上は見せないようにしている沼のような沈んだ感情。嫉妬、妬み、焦燥、独占欲…こんなはずじゃない、どうしてこんなことになってしまったんだろう、私がこんなに辛いのはあいつが悪い…そんな感情のひだが緻密に書かれています。

物語は、東京の文教地区に住む5人の母親、それぞれの目線で進んでいきます。始めは仲の良かった母親たちが「小学校受験」をきっかけに互いに疑問が生まれ、ズレが生じ、どうしようもできない状態に陥ってしまうというもの。
かつて世間を騒がせた、文京区音羽で起きた「お受験殺人」をモチーフにした作品でもあります。

お受験を巡る母親の話なんて自分とは縁遠い世界だ、と読みはじめたときは思っていたけど、読み進めるうち5人の母親たちそれぞれの感情に共感できて、しかもそれはいわゆる「負」の感情で、自分の中にもある不安な気持ちをこの母親たちは代弁してくれているとさえ思うようになりました。

物語の後半、母親たちが互いに負の感情を抱き、その関係性のみにがんじがらめになっていく様は圧倒的です。息ができないような、どこにも行けないような感覚が、読んでいても迫ってくるようでページを繰る手を止めることができませんでした。

母親であること、妻であること、女性であること、これから先続く日常のこと、いろんなことがぐるぐる頭を巡り、まだ整理がつきません。私にもこんな感情を揺さぶられるような日常が待ち受けているのでしょうか。
[PR]
by harumerci | 2012-04-07 16:53 | book・cinema