日々の泡をぷくぷくぷく・・・


by harumerci

<   2012年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

しあわせのパン

d0194759_2250948.jpg

「今日暇ならDVD観ない?」と夫くんが借りてきたのは、「しあわせのパン」という作品。
何とまぁ、わたし好みの作品ではないですか。映画の趣味も似てきたかしら??

さてさて、肝心の作品はというと・・・
北海道の洞爺湖畔に建つカフェが舞台で、絵本のような、おとぎ話のような作品でした。
とにかく湖と月がキレイなことと、北海道の四季が美しいことが印象的でした。さらにはコーヒーとパンの美味しそうなことといったらないです。

「こんな暮らししたいねぇ・・・」観ながら二人でため息ついてしまいました。

でも、人が生きていくには色々うまくいかないことやツライことがあるわけで。それでも仲間や家族と過ごすことで「一人じゃなくて二人なんだ」と気づくときがある、とこの作品は語りかけてくれます。じんわりじんわり心が温かくなってくるようなお話でした。

声だけの出演の大橋のぞみちゃんの語りがとてもステキでした。わたしたち夫婦にも、来年のお客様が来てくれないかなぁ。
[PR]
by harumerci | 2012-07-14 22:58 | book・cinema

ソウル・サーファー

d0194759_21314482.jpg

この作品を知ってから、観たくて観たくて観たくて・・・本日ようやっと観てきました。

久しぶりに心から感動して、勇気づけられる作品になりました。

これは実際にあったお話。
ベサニーは、幼いころからサーフィンの才能を開花させ、活躍を期待されていた女の子。
ある日練習中にサメに襲われ、片腕を失ってしまいます。
それでも、家族や友人や世界中のファンに支えられ、またサーフィンに挑戦する姿が描かれています。

作品制作にはベサニー本人も携わり、劇中のサーフィンシーンの吹き替えもやっているそう。

サーフィンてじっくり観たことがなかったけど、この作品でのサーフィンシーンは鳥肌もの。かっこいい!そして希望に満ちてる!!
特に最後のサーフィンシーンは圧巻で、映像も美しいし、ベサニーの生命力や勇気を感じることができて神々しくさえありました。

ハワイ好きの視点からすると、ハワイの美しい自然が盛りだくさんに映っていることと、使われている曲がハワイアンミュージックなとこがツボでした。音楽では、カヒコっぽい曲が効果的に使われて、ハワイの大自然や人間の魂の神聖さをより際立たせているのではないかなぁと感じました。

これから先、折りにふれて見返したい、愛と勇気に溢れたとってもとってもアロハな作品でした。
観て大満足です!
[PR]
by harumerci | 2012-07-04 21:33 | book・cinema