日々の泡をぷくぷくぷく・・・


by harumerci

<   2014年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

下町ロケット

言わずと知れた、池井戸潤の代表作。文庫化になったので、今更ながら読みました。
舞台が大田区ということもあり、かつての上司が勧めていたこともあり、ずーっと読みたいなぁとは思ってたのです。

始めは、ロケット発射のこととか、町工場の資金繰りのこととか、とっつきにくいなぁと思いながら読みすすめてました。と、徐々に人間模様の話になり、ぐっと心を掴まれ後半は読む時間が待ち遠しいほどでした。私ってば、情に弱いことを改めて実感。
自分たちが信じたことをしていれば、良いものを作っていれば必ず認めてくれる人がいる。そんな思いが挫折しかけながらも最後は報われる。希望に溢れた作品だと思います。爽快感と温かい気持ちが残りました。

夢をもって、情熱をもって仕事をする。それって私はできてるのかな?否、という気がします。なりたくて就いた職だけど、惰性とまではいかないけど、例年どおりにできれば完了、と思ってやってる気がする。そんなのはダメだよなぁと痛感しました。
育休から復帰したら、仕事に夢や情熱とか言ってる場合じゃないと思うけど、なんとなくじゃなくて、自信を持てる仕事をしたいもんだなぁ。
[PR]
by harumerci | 2014-01-30 09:46 | book・cinema

偉大なる、しゅららぼん

久しぶりのブックレビューです。

出産してから雑誌すらゆっくり読めない状態でしたが、これは別!ずっと文庫化を待ちわびてたので、文庫本の発売日に手に入れ、手元で温めてました。

一度開いたら最後、ページを繰る手が止まりませんでした。夜中の授乳で寝不足だから、寝れる時に寝ればいいのに、それを我慢してまでも読んでしまいました。
やっぱり面白い!!

ようやく寝入った息子の横で、起こさないように笑いをこらえつつ読むのが大変でした。
万城目作品の中でも、それぞれのキャラクターの濃さは随一のような気がします。あ、でも鴨川ホルモーと並ぶくらいかな…。それは置いといて、とにかくキャラクターが魅力的。言動が愉快で、クスッと笑わずにはいられない。設定も相変わらず突飛だし。

琵琶湖から力を授かった一族の対立が主軸かと思いきや、外敵の登場でまさかの友情物語になっていくところに心掴まれました。最後は共に戦ったもの同志の友情が見られて、とっても爽やかな読後感。

特殊な能力を持つ者の話だから、スケールの大きな描写もあるけれど、必死に戦う理由が、滋賀から出て行きたくないから、というあたりが笑ってしまう。物語上は大問題なんだけど、そのローカル感は何⁈とクスクス笑えてくる。

久しぶりの読書、あ〜楽しかった!心から笑えてちょっと感動して、リフレッシュできたなぁ。やっぱり読書はこうでなきゃね!
[PR]
by harumerci | 2014-01-24 20:22 | book・cinema